代表トレーナーブログ
良い「カラダ」道

[ゴルフ]ドライバーの飛距離を伸ばすには

ドライバーの飛距離を伸ばすためには体軸を保つ必要があります。
 
軸がぶれていては末端(ドライバーのヘッド)に伝わる力が体のほかの部分に分散してしまいます。
 
 
 
 
そ こで、軸を保つためにジムへ通って筋トレを取り入れる人が多くいらっしゃいます。しかし、トレーニングマシンで使用する重量は上がっているけれど飛距離が 伸びない。またはフォームが硬くぎこちない動きになってしまうこともあります。プロのゴルファーも近年は筋力トレーニングを採用する方が増えましたが、こ のようなケースは珍しくありません。
 
 
 
 
これにはいくつかの原因が考えられます。
その一つとして、筋肉の短縮があげられます。
 
筋 肉は自らは短縮にのみ働きます、伸長することはありません。しかし、ゴルフのスイング中、多くの筋肉が連動して動くことで、ダウンスイングの時、ゴムのよ うに筋が引き伸ばされてから短縮し、関節スピードの勢いを増すといった働きがあります。イメージとしてはでんでん太鼓を思い浮かべてください。
 
太鼓が体軸であり、ひもから先の部分が手になります。太鼓の逆回旋を繰り返すことによって、その都度ひもに張力が生まれます。
 
 
 
 
この基本となる動作が筋トレによって妨害されることがあります。
 
特に最大努力で行う筋力トレーニング後は筋肉の繊維が短縮してしまう性質があり、これを繰り返していると体の動きが小さくぎこちないものになります。
 
 
 
 
また、オープンキネティックチェーンと呼ばれる、いわゆるマシントレーニングに比重をおくメニューを行うこともパフォーマンスが上がりにくい原因になります。
 
マシントレーニングだけでは、体軸の強化と関節の連動性向上に繋がりにくい傾向にあります。
 
 
 
 
スイング動作中、体軸を保つためには筋肉の張力を正常化すること。そしてトレーニングマシンだけに頼らないことです。
ボディディレクター 島脇