トレーニングスタイル

体型別パーソナルトレーニング

理想の体への戦略は、人によって違います。

あなたの体型に適したパーソナルトレーニングは、最も効果的に理想の体に近づくことができます。BODY DIRECTORでは個別の体型と体質を考慮した、あなただけのオーダーメイドメニューをご提供いたします。

BMI値

ボディディレクターでは、体型を5つに分類し、それぞれの特徴に合わせたアプローチを提唱しています。
ご自身のBMI値(体重(kg)÷{身長(m)×身長(m)})と体脂肪率がわかる方は、ぜひ参考になさってください。

ボディディレクターでは、体型を5つに分類し、それぞれの特徴に合わせたアプローチを提唱しています。
ご自身のBMI値(体重(kg)÷{身長(m)×身長(m)})と体脂肪率がわかる方は、ぜひ参考になさってください。

BMI値20〜23
体脂肪率が13%〜17%
(女性は23%〜27%)

バランスタイプ該当者を 除く
BMI値が20以上
体脂肪率が17%
(女性は27%)以下

BMI値が23以上
体脂肪率が17%
(女性は27%)以上

バランスタイプ該当者を
除く
BMI値が23以下
体脂肪率が13%
(女性は23%)以上

BMI値20以下
体脂肪率13%
(女性は13%)以下

BMI値20〜23
体脂肪率が13%〜17%
(女性は23%〜27%)

バランスタイプ該当者を 除く
BMI値が20以上
体脂肪率が17%
(女性は27%)以下

BMI値が23以上
体脂肪率が17%
(女性は27%)以上

バランスタイプ該当者を
除く
BMI値が23以下
体脂肪率が13%
(女性は23%)以上

BMI値20以下
体脂肪率13%
(女性は13%)以下

BMI値20〜23
体脂肪率が13%〜17%
(女性は23%〜27%)

バランスタイプ該当者を 除く
BMI値が20以上
体脂肪率が17%
(女性は27%)以下

BMI値が23以上
体脂肪率が17%
(女性は27%)以上

バランスタイプ該当者を
除く
BMI値が23以下
体脂肪率が13%
(女性は23%)以上

BMI値20以下
体脂肪率13%
(女性は13%)以下

筋肉質タイプ

バランスタイプ該当者を
除く
BMI値が20以上
体脂肪率が17%
(女性は27%)以下

バランスタイプ該当者を 除く
BMI値が20以上
体脂肪率が17%
(女性は27%)以下

肥満タイプ

BMI値が23以上
体脂肪率が17%
(女性は27%)以上

隠れ肥満タイプ

バランスタイプ該当者を
除く
BMI値が23以下
体脂肪率が13%
(女性は23%)以上

痩せタイプ

BMI値20以下
体脂肪率13%
(女性は13%)以下

バランスタイプ

バランスタイプ

バランスタイプ

筋肉、脂肪共に適量のタイプです。体組成のバランスは良いのですが、年齢とともにウエスト周りに脂肪がつきやすくなります。体を絞る、筋肉をつける、姿勢改善など目的によってアプローチは異なります。

運動
強調したい部位に働きかける事で比較的早く目的を達成でき易い傾向があります。

食事
体質に合わない食材を排除し、よりスマートな内臓と筋肉を獲得するよう心がけます。

筋肉質タイプ

筋肉質タイプ

筋肉質タイプ

骨格がしっかりしていて、筋肉が多いタイプです。先天的に筋肉が多い傾向があります。

運動
筋肉を付けたい方は、高強度のトレーニングも行います。絞りたい方は、腕、脚に筋肉をつけないよう、体幹(コア)中心のメニューを行います。

食事
筋肉を付けたい方以外は、たんぱく質を意識しすぎる必要はありません。

肥満タイプ

肥満タイプ

肥満タイプ

脂肪が多く、筋肉は普通〜多いタイプです。お腹まわりが太る人と下半身が太る人に分かれます。下半身太りの方は不定愁訴がある事が多いので、食事で内臓を労り、体質に働きかけるメニューが重要となります。

運動
代謝を活性化させるために全身の筋力トレーニングを行います。

食事
停滞期を最小限に抑えるため、食事内容や、カロリーを調整をしたダイエットプログラムをお勧めしています。

隠れ肥満タイプ

隠れ肥満タイプ

隠れ肥満タイプ

筋肉が少なく、意外と脂肪が多いタイプです。先天的に食べ物の消化と吸収が弱い、もしくは無理なダイエットを繰り返してきた可能性があります。

運動
男女とも筋力トレーニングを重視し、筋肉の肥大に取り組みます。

食事
筋肉をつけるために、質が良いたんぱく質を意識した摂取が必要となります。

痩せタイプ

痩せタイプ

痩せタイプ

筋肉、脂肪とも少ないタイプです。摂取カロリーが少ないか、胃腸が弱い可能性があります。

運動
男女とも筋力トレーニングを重視し、筋肉の肥大に取り組みます。女性の場合は手脚の筋肉が強調され過ぎる場合があるので、体幹(コア)トレーニングを中心に取り組みます。

食事
適切なカロリーを摂取し、胃腸に負担をかけない食べ方が必要となります。

無料カウンセリング

あなたの体の状態と目標を伺い、最適なコースとプランをご提案します!
お気軽にご相談ください。