代表トレーナーブログ

健康食

「何を食べるのがいいのですか?」
という質問を受けることがあります。
答えは、新鮮で精製度が低い食材。タンパク質、糖質、脂質を
 
バランスよく摂る事です。
具体的には、穀物(玄米、大麦等、雑穀全般)、葉野菜、根菜
 
果物、大豆、お魚、お肉、海藻、きのこ。。。等
「何を食べるのが良いか」というよりも
食べない方が良い物を伝える方が分かりやすいかもしれません。
食べない方が良い食材は
・動物性脂の取り過ぎ
 
・砂糖
 
・小麦粉(精製されているもの)
 
・食品添加物
 
・加工食品
 
・ファストフード 等
ただし、これらを全て忠実に守る事は、困難です。
私は、普段から意識することで「食べない方が良い食材」
 
を極力避けています。
食べ物への意識が低下すると、お腹が浮腫んだり、下したりしやすいですが、
 
気をつけることで、かなり改善されるように感じます。
健康(寿命)は遺伝に大きく左右されるという研究者もいますが、
 
近年は多くの研究で、生活習慣(運動、食事)が遺伝よりも
 
健康に与える影響が大きいと報告されています。
あなたが口にする食事があなたの細胞を作っています。
体調、体型、精神状態にまでも影響する食材は
身体に良い物を選びたいですね。
今一度、食べ物について考えてみてはいかがでしょうか。
ボディディレクター 島脇