【対談】岡部哲也さん/元アルペンスキーヤー

表参道、銀座のパーソナルトレーニング専門ジム、ボディディレクターの島脇です。

対談と撮影が実現しました。

元アルペンスキーヤーで3度のオリンピック出場を果たし、現在は会社経営やコメンテーターとしても活躍中の「岡部哲也さん」との対談と撮影をボディディレクター表参道で行いました。対談内容は後日ウェブ上に掲載させていただきます。

岡部さんは、私のイメージする心技体が揃った理想の男性像です。もちろん他にも尊敬する素晴らしい方はいますが、元アスリートということもありボディディレクターのモデルにぴったりだということで今回の対談と撮影が実現しました。

ビジネスパフォーマンスとメンタル

自らの身体への意識が高い岡部さんは、普段から運動や栄養には気を使ってらっしゃるので、細胞レベルからの健康を感じることができるのですが、ここまで整っている方は少数派です。運動や栄養が健康な体とメンタルに必要なことはわかっていても、忙しさを理由に取り組む事ができない人が圧倒的に多いものです。

PC仕事や打合せ、などが続くと脳が疲労してしまいます。それが慢性化する事で本来の能力が発揮できない状態が続く。このような場合、休みの日にリフレッシュする事でも軽減できるのですが、日常的に運動や栄養、筋肉のケアを行う事で疲れの蓄積を抑え、回復力と回復のスピードも上がります。

また、脳疲労は脳の処理能力を落とすだけではなく、メンタルにも悪影響を及ぼすことが分かっています。なんとなく朝が辛い、集中力が低下した、幸福度が下がった気がするという方は要注意。

このような状態で強度の強すぎる運動をしてしまうと、身体へのストレスが強すぎて疲れが強くなることがあります。強い疲労を感じる場合は、ウォーキングやストレッチ、もしくはマインドフルネスで行われる瞑想でもいいので、定期的に行い習慣化することからはじめてみたいものです。

(Visited 51 times, 1 visits today)

最新の投稿一覧