代表トレーナーブログ
良い「カラダ」道

2018/02/26
代表トレーナーブログ

プライベートジムには鍛える以外の利用方法があります。

運動ってなぜ行うのでしょうか。

この記事は2018.2月にリライトを行いました。表参道と銀座のプライベートジム、ボディディレクターの島脇です。皆様は筋トレ、ジョギング等の運動に取り組まれていますか?また、それは何の為に行なっていますか。そこで、我々のジムに入会される理由として多い理由を以下にあげます。

  • ①太ってきた、痩せすぎているなどの、体型改善
  • ②血液検査で悪い数値が出たので心配。健康の為
  • ③腰痛肩こりが慢性化してよくならない。健康の質を高める

入会時はこの3つが圧倒的に多いです。

その他の理由も興味深い

お客様との会話で、『自分に負けない為にトレーニングをしている』という方がいらっしゃいます。これは、体力が落ちてくると気力も落ちてくるからだそうです。気力が落ちると仕事の集中力や作業量が落ちる。休みの日も動かなくなってしまう。これが嫌だ。という理由です。運動も仕事も遊びもやり過ぎると体に負荷がかかり健康から離れてしまいますが、適度な生活、仕事、運動での負荷は充実した人生にする為に必須との事です。私も共感できる部分があります。恥ずかしながら運動の時間がもったいないと(特に有酸素運動)思っていた時期がありました。しかし、実際に運動をしっかりと行なっている時の方が感覚的ではありますが、パフォーマンスが良いように感じます。運動を定期的に行い、体力をつけている時は心の底から安心感のような、うまく説明できなないのですが心地良さを感じることができます。

パフォーマンスを保つ為にメンテナンス

運動だけではなく、施術の話にも関わるのですが、アスリートだけではなく、仕事やプライベートの活力や能力に関わるパフォーマンスを保つ為に運動や施術を行うというケースがあります。これは鍛えるという意味もあるのですが、筋肉を大きく、強くする為にハードなトレーニングを行うわけではなく、「加齢による筋力低下を防ぐ」「運動によって脳の活性化を促す」という意味合いが強いため、オールアウトするようなキツいものは行わない。施術では筋肉、関節を整え、交感神経優位になっている部分を整える。といったことを行います。無理にハードなトレーニングを実施し続ける事は体への物理的ダメージ、活性酸素のダメージを考えると継続的健康とは離れていくのではないかと私は考えています。闇雲にランニング、ウェイトトレーニングを行うのではなく、自信の目的に合わせた運動を行いたいですね。

このように運動を行う目的はいくつかありますが、あなたに適した運動を見つけるヒントになればいいなと思います。最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

PROFILE

パーソナルトレーナー島脇伴行

CATEGORY

RECENT ENTRY

ARCHIVES