代表トレーナーブログ
良い「カラダ」道

2009/12/04
トレーニング理論
代表トレーナーブログ

腹筋を割る方法

6つに割れた腹筋(シックスパック)は筋トレの象徴ともいうべきもので、

多くの男性が憧れているものです。


しかし、ジムに通って筋トレ、毎日寝る前に腹筋をしてもなかなか効果が

現れにくいものです。



そもそも腹筋はどうして割れて見えるようになるのでしょうか。


腹筋を解剖すると、腹直筋、腹横筋、腹斜筋と大まかに分ける事ができます。シックスパックに関係が深い筋は腹直筋です。この筋肉は1枚の大きな筋で、そこに縦横に添って腱が押し当てられています。

ボンレスハムに紐が食い込んでいるようなイメージです。

このように、腹筋はもともと割れているのです。


なぜ、腹筋が割れて見えないのか。


腹筋の上には、①脂肪②皮が乗っています。

分厚い脂肪が乗っていれば腹筋の溝は隠れてしまいます。

また、復位がもともと100㎝あるのを急激に70㎝まで落とした場合。

これは皮があまってしまいます。皮膚に張りが回復するまでにしばらくの期間が必要です。


どうすれば、腹筋が割れて見えるのか。


方法はポイント2つ

1つ目:体脂肪率を下げて、腹部の脂肪を落とすこと。

    ジョギングなどの有酸素運動や、食事をコントロールして

    脂肪を燃焼させる。

 

2つ目:腹筋の厚みを増やし、腹筋の溝を深くすること。

    筋力トレーニングを行い、筋肉を肥大させる。食事も筋肉が

    増えやすいようにたんぱく質などをバランスよく摂取する。

 

つまり、腹筋の上にある脂肪を薄くし、腹筋の厚みを増すということです。

 

筋トレやダイエットは必ず効果が現れるものです。

継続して取り組むようがんばりましょう。

関連記事

PROFILE

パーソナルトレーナー島脇伴行

CATEGORY

RECENT ENTRY

ARCHIVES